†Breath in afternoon†
†まったりと、そしてゆっくりと、眞田圭介が贈るブログです†
†Profile†

眞田 圭介

Author:眞田 圭介
好きなものはいろいろ。
趣味もいろいろ。
現在は、多彩な創作活動チーム『INOQE』に所属、また、小説ライターをしています。

まったりと、ここでは創作日記やら日々のできごとなどを書いていこうと思います。
現在執筆作品多数のため更新が滞っています



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Black



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ちょっとした話
昨日の話になりますが、なんか私の家の外に畑があるんですが、そっちを何かが歩いてくるのであまりの恐さに家に引きこもっている眞田です。

それも夕方18時くらい。まぁすでに真っ暗だったのですが、枯葉を踏みしめる音がまさしく人間ではあるのですが、私以外いなかったので・・・・・・。

しかし、どうしても明日は遅くなり、この時点で恐怖なわけですが・・・・・・。

まぁ、気にせずふつうに帰宅してやるとしましょう。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


生誕祭
この度、眞田圭介は満××歳を迎えることになりました。

まぁ、大した年ではありませんが、無事にここまで育ったのも、元はと言えば親のおかげでございましょう。
1年であまり感謝する日々が少ないでしょうが、こういう日にでも両親に「ここまで育ててくれてありがとう」とでも心の中で呟くものです。

大した話じゃありませんが、年を重ねるというのは、当時の私からしたら大きな一歩ですね。

昔はそれこそいろいろありすぎて、ここまでくるなんて思っていませんでしたからね。

とまぁ、落ちもなにもありませんが、私の生誕祭というわけで軽い気持ちで祝ってやってください。

テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学


音楽と文字に溺れる夜(よ)の出来事
音楽は音を楽しむと書くわけですが、僕はね、感情をギターに乗せることがあります。
いらいらしてるときは「ぎゅいいいいん」としているし、やさしく扱えば音も「ぽろろん」と柔らかくなるわけです。

これが、また楽しい。
そして、その音に酔いしれている自分もまた、心地よいものである。

さて、それをみたあなたはどのように思うのでしょうか?
「気持ち悪い」と罵倒されるのでしょうか?どうぞ。いま思ったあなたの感情が「枠」をつくり、壁と言う無意識可の隔離を生んでいますよ?

決して否定しませんとも。私はね、別にそういう意味で書いてるわけでもないんですから。
おっと、話を戻しましょう。

別に、音楽にジャンルがあってもいいのですよ。ジャンルと言う枠を撤廃するとかと言うのが「ものが売れる売れない」のことにはかかわりませんから。
私たち日本人の基礎となっているのが演歌、または能であるならば、外国での基礎はクラシックでしょう?
私たちはどうあがいても、遺伝子と言うものから抜け出せないものです。
ギターを持ってまずコピーしようとしたら、音と譜面を完璧に演奏しようとしますでしょ?
私はそれを嫌っているのです。別に、間違ったっていいのですよ。リズミカルに弾ければいいのですよ。

それでいいのです。

また、話がそれてしまったね。

こうも饒舌に話してしまうと何の話だかわからないね。
音を奏でながら何かを練る。または頭を休めている私がそこにいるのだよ。といいたいだけですとも。

テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学


次の更新はいつにするかな・・・・・・
湿った空気とつめたい雨に打たれる今日と言う日は、僕にとってはすごく憂鬱になります。

こういう日は本当になにもしたくない。
正直何も進まない。

あぁ、晴れたらいいのに。とつくづく思うのだが、そこは我慢である。

さて、再開したとはいえ、僕は気まぐれだ。
書きたい気分じゃなければ全く書こうとしない。それどころか、1日だらりと過ごすのである。

まぁ、そんなことはおいておいて、本当にいつ更新しようか。
今日?明日?それとも来週?
とにかく、まとまった部分を徐々に上げていこう。

目標としては、いまの話を1年かかってでも終わらせる。
それを今期の目標として頑張ろう。

テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学


再始動
更新停止から早くも半年以上たった中で、ようやくThe Last summer Vacation -RRR-の更新となります。

語尾にR×3とは何なのか?それは、読まれた方に納得してもらえるようなヒントを作中に含めておきます。

以下、物語の概要

主人公である柊芳樹は特に何の問題もなく、咲ノ社学園(さきのやしろ)という進学校に通う3年生だ。
彼の住む町は3月から5月まで桜が見れるということもあり、他地方からたくさんの観光客が来る田舎町である。
町の特徴と言えばもちろんと言っていいほど『桜』と答える。
そんな、なにもない田舎町で過ごす彼も学生最後の夏がやってきた。

そんななか一人の女性と出会うことで、なにもなかった彼に変化が生じる。

----------------------------------------------------------------------------------

序盤の1ページを書くのに半年かかりました。

とりあえず、ようやくの更新ですので、ゆっくりと読んでください。
また、サイトのページ右下から画面のトップへ戻るようにボタンを設置しました。

掲載サイト Team INOQE